絵本の里剣淵の立ち上げのお手伝い等、様々な絵本に係る活動をしながら、札幌では数少ない絵本専門店として営業してきた「ぶっくはうす りとるわん」さん。

2014年、店長佐々木さんの体調不良のため、店舗としての運営が出来なくなりました。ご縁があって、今は一緒に、図書館として運営しています。

ときどきですが、近隣の保育士さんたちと絵本やおもちゃの勉強会を開催しています。

 

子育てすることは、就労支援に繋がることと捉え、法人としてこれからも共同運営していきます。