ゆっくりも はやくも 障がいや年齢にかかわらず

 

 

私共の事業所は、障がいのある方の地域の居場所作りから始めました。

体調が悪くて、事業所に来るのがやっと。月に2度しか来れなかった・・・。そういった障がいや病気を持った方たちと約20年歩んでまいりました。就職活動を共にし、試行錯誤しながら進んできました。その結果、2年という限りのある期間の中で多くの方が就職していっています。

 

利用者さんと一緒に挑戦しつづけてきたこと、事業所で技術・知識の蓄積してきたこと、企業様のご努力、社会情勢の変化などがあって、たくさんの利用者さんが自分の持っている力を活かして就職していかれました。逆に私たちが教わることの多い、20年でした。

 

他の事業所だと就職できないと言われてしまい、うちの事業所にきたかたも何人もいらっしゃいます。早い方だと2カ月ですが、2年いっぱい使って、人によっては延長をかけて3年目で就職された方もいます。もちろん、すべての人が必ず就職しているわけではなく、体調不良で一旦就職活動をストップする方もいらっしゃいます。一度就職したけれども、人それぞれ様々な理由で退職されることもあります。ですが、そういった一つ一つのチャレンジを応援していきたいと考えています。

 

ご家族の皆様、お知り合いのことでお困りの方、そして福祉事業所の皆様。

就職について諦めてしまう前に、ご連絡お待ちしております。

 

相談&説明会 プログラム提供について

医療機関・福祉機関の皆様

移行支援事業所とはどのような場所なのか説明に上がることが出来ます。就職プログラムを実施されている一コマに入れていただけると幸いです。また、WRAP、SST、WSMなどプログラムも提供できます。例えば、リカバリーに関するプログラムを立ち上げる際に一度呼ぶなど可能です。

私達の意図としては、分野ごとの得意・不得意があると思うのですが、移行支援事業所が得意としていることをお伝えし、逆に私達も教わりながら、地域の力が上がることが利用者さんのためになると考えています。

今通っている利用者さんの支援がおろそかにならない範囲で、相談&説明会、プログラム提供を行おうと考えております。

メール、お電話などにてお問い合わせいただけると幸いです。